美乳風俗嬢で大爆発

純朴な雰囲気なのに巨乳だった

あどけないというよりも「純朴」な雰囲気と言った方が良いかもしれません。遊んでいないどころか、男もあまり知らない。そんな雰囲気を持つ風俗嬢って、ある意味奇跡だと思うんですよ。風俗で働いている以上、男と常に接することになるんです。純朴な雰囲気は時間と共に無くなっていくものだと思うんですよね。でも彼女、本当に純朴な雰囲気があって。それだけでも彼女の風俗嬢としての武器になると思うんですけど、損な雰囲気なのに彼女は巨乳だったんですよ。そのアンバランスさが良かったんです。まさかとは思いましたよ。でも、かなり素晴らしい巨乳でもあったんです。それだけでも興奮しますよね。それもあって、風俗では自分でいろいろなことを楽しめるなって思ったんです。そこに大きな魅力が隠されていたんですよ。純朴。でも巨乳。ある意味相反するであろう二つの武器を持った最強の風俗嬢との時間は、濃密というレベルでは語れないほどに「濃い」ものになりました。

ニートではあっても風俗が大好き

ニートしています。何とかしないとなって気持ちはあるんですけど、まぁ貯金はそれなりにあるし、働く気力もないので当分はニートで良いかなとは思いつつ、とある点だけはやる気があるんです。それは性欲的なものなので、二週に一度くらいですけど風俗のお世話になっています。風俗に行くと、とっても楽しい気持ちになるんですよね。だからか、風俗への意欲だけはとても高いんですよね。むしろ風俗以外はやる気がないって言った方が良いかもしれません。風俗だけはニートになっても定期的にお世話になっているんですよね。むしろ風俗を楽しむことがニート生活での生きがいになっているって言っても大げさじゃないレベルなんですよ。だから風俗は特別な存在として、ニートの自分も楽しませてもらっています。いろんな選択肢がある分、飽きることもないだけにどうしてもいろんな気持ちになるというのはありますよね。ポータルサイトとホームページを見るのが大好きですし(笑)